MBA(経営学修士)ってなに?

MBAとはどのような資格なのか?MBA(経営学修士)についてご紹介致します。 - MBA(経営学修士)ってなに?

MBA(経営学修士)ってなに?

ukyfkufy
仕事をしていれば耳にする資格があります。例えばMBAです。何の略でしょうか。知ったかぶりするよりも、知っている人に聞いた方が早いし確実ですよ。

MBAとは何か

MBAとは、Master of Business Administrationの頭文字を取ったものです。日本語では経営学修士と呼ばれます。とはいえ普通の大学院における修士課程とは異なります。
一般的な修士課程と異なる大きな点は2つです。ひとつは実務経験を有する社会人が対象であることです。ふたつめは修士論文の執筆を義務付けないことです。
MBAは実践的な資格です。理論的に考えることは重要ですが、世の中は理屈通りではありません。現実的な解決策を目指す力を身に付けることこそが、MBAの目的です。

受験資格はあるのか

MBAを取得するためにはビジネススクールへ通う必要があります。では学校への受験資格はあるのでしょうか。基本的に業種は関係ありませんが、実務経験2年以上が求められます。言い換えると経験がなければ、授業についていけないでしょう。
もちろん大学院に相当するので、大学卒の資格も求められます。とはいえ国内外を問いませんし、同等の能力があると認められれば、入学可能です。
海外での取得を目指すなら、相応の語学力が求められます。英語でディベートするのは、想像以上に大変ですよ。膨大な英文資料を読むのも厳しそうです。

どういう過程なのか

ビジネススクールは社会人を対象にしています。全日制の学校もありますが、ほとんどの授業は、夜間や週末に集中して行われます。
一科目は三カ月で修了するパターンが一般的です。授業の内容は座学よりもディベート中心です。先生もビジネス経験者が大半を占めます。実際の事例を元にして、現実的かつ有益な解決策を検討するような形で進められます。
2年間での取得を目指しますが、仕事の都合もあります、単科生として、こつこつと単位を積み上げていく方法もあります。

日本で取得できるのか

MBAは日本の大学でも取得できます。首都圏や大阪圏などの都市部に集中していますが、昨今では多くの大学が専用のコースを開設しています。
海外の大学が日本校を設けるパターンもあります。この場合には本場と同等の資格を授与してくれます。英語の授業が行われるケースも一般的ですね。
民間のビジネススクールもあります。この分野の嚆矢は、グロービス経営大学院かもしれません。関連書籍があるので、MBAを検討しているなら一読することをお奨めします。

アメリカで取得するメリットは何か

MBAはアメリカ発祥の資格です。拘る人なら、アメリカで取得したいですね。ではアメリカで目指す際のメリットは何があるでしょうか。
第一には実践的な英語力が身に付きます。言い換えるとネイティブ並みの英語力がなければ厳しいでしょう。第二に交渉力が身に付きます。裁判でも議論でねじ伏せる!ビジネスにも通じるスキルです。第三に交友関係が広がります。アメリカには世界中から人が集まるからです。人脈こそビジネスにおける最高の財産です。

取得に際して注意点はあるのか

安易な気持ちで取れる資格ではありません。検討すべき注意点もあります。
第一の注意点は、お金がかかることです。一般的な大学院並みの授業料は必要です。第二の注意点は、期間がかかることです。通信講座ですいすいと!そんなことはできません。最低でも2年間頑張る覚悟が不可欠です。そして第三の注意点は、根気や集中力が求められることです。特に授業が深夜まで及ぶことがあります。体力も必須でしょうね。

目指してみませんか

ビジネスの世界で生きると決意したならば、早めにMBAを目指してみませんか。資料を取り寄せるなど、まずは相談してみましょう。そういう積極性こそがビジネスで成功するための秘訣です。
MBA マサチューセッツ大学MBA

Copyright(C)2016 MBA(経営学修士)ってなに? All Rights Reserved.